宇宙の塵のようなものが集合して星と成り

そして幾つかの素元子から生物としての命が生まれたものならば、

私たち、アーティストの営みもそこから出発しなければならないのではないでしょうか。

 

宇宙中的塵埃匯集成了星球,接著又從一些微生物中誕生了生命,

我們身為藝術家,也得以此為出發點才行吧。

 

何かを表現するという以前の問題として、存在そのものの設定から

プログラムしていかなければならないと思います。

 

不是作品要表現什麼這樣的老問題,而是必須從作品的存在本身便開始設計了。

 

「素材は何でできているのですか」

「作品是用什麼材料作成的?」

 

個展などの最中よく問われることなのですが、

その一言は、お化けがひたいに突然おふだをはられたような

決定的な一言のように私にはひびいてきます。

 

在個展開設的途中經常這樣被問起,

這句話的震撼之大,就像妖怪額頭上被人貼了符咒一樣。

 

「では貴方は何でできているのでしょうか」と問い返す勇気もなく、

作品の製作過程や苦心談などを何事もないような顔つきで話している

自分に気付きます。神様と勝負をしたところで、どうせ敗者と

決まっているものならば、おとがめを受けない程度に

彼のもち駒あるいは方程式を拝借しながら、思うぞんぶん遊んでみたい。

 

「那您又是如何作成的呢?」不僅沒有反問的勇氣,

只能若無其事的裝作沒聽到那個問題大談製作過程與其中的苦心。

假使怎麼和神一決勝負都不可能成為贏家的話,在不受到懲罰的前提下

真想向祂手裡的棋子或是程式好好借來玩玩。

 

アーティストとしてではなくプレイヤーといなおりながら、

人形、オブジェ、絵画や仮面やオルゴールという名の好奇心、

それがかぎりなく自然に近い存在となるためにはやはり、私自身が

私自身の宇宙なり、神を信じなければならないと思います。


不是身為藝術家,而是作為一名玩家,以人形、object

繪畫、面具和orgel之名的好奇心,為了讓它們更靠近自然體,

讓我自身也成為一個宇宙,果然還是不得不相信神的存在。

 

物を作るということはこの二つの神の共同作業なのではないでしょうか。

仮に神という者がいて万物を創作したのなら、

いったい彼は何を思いながら何の為に造ったのでしょうか。

 

所謂創作,即是這兩位「神」聯手的成果吧,

如果作為一位創作萬物的神真的存在的話,

祂到底是因為什麼想法,又是為了什麼而創作的呢?

 

アーティストはとてもそれに近い行為をしているのだが

彼の作品はなんと愛にみちているのでしょう。

 

藝術家從事著和此非常相近的行為,不過祂的作品總是充滿了愛呢。

 

 

 

天野可淡





本篇文章出自2007年12月24日再版的『KATAN DOLL RETROSPECTIVE』

acjina 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()