少年マンガ論 <少年漫畫論>                                                                                
                                                                               
ti.jpg                                                                                
...
                                                                               
「バトルもの」マンガにおいて、主人公たちはなぜ戦うのか?結論を言う。
在格鬥漫畫中的主人公們究竟為何而戰?從結論說起-
                                                                                                                                                                                                                                             
その「戦い」に、実は意味はない。
這個「戰鬥」,其實並沒有任何意義。
                                                                                
                                                                                
  そもそも、少年ジャンプの編集方針「友情 努力 勝利」というものの2後者は戦いの場でしか得られないものである。おそらく読者の少年たち(そしてすでに成人した者でさえ)があこがれるのは、ただ「戦い」に対してなのだ。それを「主人公の活躍」と表記してもいい。だが「主人公の活躍」の意味内容とはすなわち、「戦い」に勝利することなのだ。

 原本少年JUMP編輯的方針「友情、努力、勝利」-後兩樣,只能在對戰的場合中獲得。恐怕少年-或甚至已成人的讀者們所憧憬的,只是對於能夠「戰鬥」本身這件事。你也可將它看成主角活躍的一個象徵。換言之「主角的活躍」即意味著對戰鬥的勝利。
                                                                                
                                                                                                                                                                
  ただ「戦い」だけが要請される。「なぜ」戦うかは執拗に問うべきではないなぜなら、主人公に代わって戦いたい私たちの、戦うための内心の理由とは、単なる攻撃性の昇華、カタルシスにすぎないかもしれないからだ。
                                                                               
 對於漫畫內容只要求有「戰鬥」,對於「為何」而戰則不應過度追究。因為想代替主人公戰鬥的我們,在內心深處的理由說不定只是一種攻撃性的感情昇華罷了。
                                                                                
                                                                                                                                                                
  攻撃性への誘惑、それはもう、男女問わず秘めたる想いだ。少年マンガは、そんな我々の内なる願望を、「完全悪」という名の大義名分によって無害化してくれる素晴らしいものだ。勝利ほど甘美なものはない。「勝つ」ことは、驚くほど人間を充たし、優越感を補完してくる。

 不分男女,內心都有暗自受到攻擊性的誘惑,而少年漫畫這種美妙的產品則可以提供一種叫做「完全惡」(就應該去攻擊)的大義名分,讓讀者發洩攻擊慾的行為變得無害。再也沒有什麼果實能比勝利更甜美,「勝利」能夠帶給人們極為驚人的充實感,填補他們心中的優越感。

                                                                                                                                                                                                                                                
  少年マンガに置いて、理由なき戦いが説明されぬまま反復されるのは周知のことであるし、マンガというものが作品であると同時に消費される商品であるということを考えれば、需要に対する供給、の結果としか言いようがない。
                                                                               
 少年漫畫中不斷反覆著沒有理由戰鬥是眾所皆知的事。但若從 "漫畫在身為作品的同時也是一件被消費的商品" 這種角度來思考,這樣的結果也只能說是「對需求所產生的供給」吧。
                                                                                
                                                                                
戦いを求めて止まない読者が存在する、ということがすでに「戦う理由」なのだと思う。
只要渴望戰鬥的讀者存在,本身便足已是這個「戰鬥」的理由了。

 

 

創作者介紹
創作者 acjina 的頭像
acjina

Can't make enough bumpers!

acjina 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()