1.jpg 2.jpg
 
♣ 左21、右22歲時写真

 
  
profile

1953年—00 東京都世田谷区出生
1962年—00 
東映児童研究所第四期生
1974年—00 
女子美術大学(洋画専攻)畢業(在学中開始人形制作)
1977年—00 劇団民芸「炎の人」(人形作為小道具巡演)
1981年—12 銀座小松 別館「更染沙 gallery」個展
1982年 11月 吉祥寺 PARCO
「parco gallery」個展
1983年 12月 渋谷 PARCO
「PARCOVIEW」個展
1984年—00 
「第二回創作人形協会展」 最優秀賞/奨励賞
1984年 11
 國立市 画廊「荘」 個展
1985年—00 「第十六回齣展」(東京都美術館)出品      
1985年—00 
於国立市設立創作人形教室、主宰     
1985年—00 
「第一回人形たち展」(プランタン銀座)審査員特別賞
1985年 11 港区 青山德國文化会館(OAG Hall) 個展
1986年—  1 「東京 Fashion Week 人形作家56人展」出品      
1986
       「第十七回齣展」(東京都美術館)出品     
1986 11
 國立市 画廊「荘」個展     
1986
       「第二回人形たち展」」(プランタン銀座)技術賞
1986 12
 「第十二回現代童画展」(東京都美術館)初出品 奨励賞
1987年—     
「第十八回齣展」(東京都美術館)以會員身分出品      
1988年—     
成為人形教室 Doll Space Pygmalion 的職員
1988
       日活ロッポニカ「悪徳の栄え」和吉田良 一起協力人形的部分
1988       池袋西武「アリスの国のアリス展」協力出品
1988 11
 國立市 画廊「荘」個展     
1988 12
 「第十三回現代童画展」出品
1989年—00 
「第二十回齣展」(東京都美術館)出品      
1989   5
 「ピグマリオン展」(プランタン銀座)開催     
1989   8
 ダンスシアター銀河の魚公演「眼をとじて」仮面制作協力
1989 10
 作品集「KATAN DOLL」(トレヴィル発行)出版      
1989 12
 六本木 ストライプハウス美術館 個展      
1989       「第十四回現代童画展」出品
1990年—      
「第二十一回齣展」(東京都美術館)出品

1990   6 「上野千惠子を悼む女性画家たち展」出品    
1990   8 所沢西武「不思議の国のアリス展」出品

1990       作品集「KATAN DOLL fantasm」(トレヴィル発行)出版
1990   9
 東宝系「咬みつきたい/ドラキュラより愛を」映画用人形制作
1990 10 「アガサ・クリスティーのミステリー王国展」出品
1990
       10月25日~11月13日 名古屋PARCO ギャラリー
1990
       12月4日~12月25日 船橋西武10F アートフォーラム
1990
       1月2日~2月3日 大阪八尾西武ホール
1990 11月 1日午前11時10分 永眠
     
1990年       「第十五回現代童画展」遺作出品
     
1990       「天野可淡遺作展」(國立市画廊「荘」)

1991年—      「第二十二回齣展」(東京都美術館)遺作出品
1991 11 ダンスシアター銀河の魚「紡ぐ其の六 いのち-天野可淡へ」
1992年—      追悼作品集「KATAN DOLL RETROSPECTIVE」出版
1995年—      CD-ROM『カタンドール~天野可淡人形作品集~』發行
2002年—  9 「天野可淡展 第一部」(マリアクローチェ、台東区元浅草)
2002 10 「天野可淡展 第二部」(マリアクローチェ、台東区元浅草) 
2004   2月 經親族和關係者的協力於「球体関節人形展」展出17件作品

2007年—  8月 KATAN DOLL」復刊 
2007   9月 「天野可淡展」9月1日~11月25日(マリアの心臓、渋谷)

2007年   9月 KATAN DOLL fantasm」復刊
2007 12月 KATAN DOLL RETROSPECTIVE」復刊


 「現代童画展」現代童画会 HomePage
  「齣展」齣展(こまてん)

 

 

創作者介紹
創作者 acjina 的頭像
acjina

Can't make enough bumpers!

acjina 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()